合コンテク「さしすせそ」より「せ」についての一考察

少し前から話題になっている動画がある。雪印「重ねドルチェ」のCMだ。

 

0:52~「できる女のさしすせそ」に注目してほしい。

 


カサネテク|無敵の合コンテクニック!?Full ver.

 

 

合コンでモテるテクニックとして「さしすせそ」が紹介されている。

 

さ「さすが〜!」

し「知らなかった〜!」

す「すご〜い!」

せ「センスいいですね〜!」

そ「そうなんだ〜!」

 

この「せ」について記述していく。

 

なお「こんなテクで喜ぶ男はバカだ!」とか「こんなCMを作るなんて何を考えているんだ!」といった意見もあるだろうが、ここでは取り上げない。

 

 

「合コンさしすせそ」の裏にある考え方

 

「合コンさしすせそ」が「男はとにかく褒めておけばいい、持ち上げておけばいい」という考え方に立脚したモテテクであることは疑いようもないだろう。実際、このような意見は巷にありふれている。

 

 

「さ」「し」「す」「そ」

 

それを踏まえてひとまず「し」「そ」を考察する。

 

「知らなかった」:相手の知っていることを自分は知らなかったという意味。自分よりも知っている相手を尊敬していると考えられる。

 

「そうなんだ」:相手の知っていることを自分は知らなかったという意味。自分よりも知っている相手を尊敬していると考えられる。

 

 

このように、相手を尊敬し、一段上に置こうとする姿勢が共通して見て取れるだろう。

 

次に「す」

 

「すごい」:感嘆に値するほどすばらしい

 

分かりやすい尊敬の念の表明だ。

 

 

続いて「さ」である。

 

「さすが」:評判や期待の通りの事実を確認し、改めて感心するさま

 

これも「し」「す」「そ」と同様に、相手への尊敬の念が表れていると考えてよいだろう。

「すごい」ほど直接的ではないが、「前々からすごいと思っていたけど、やっぱりすごいね」という気持ちを表す。以前から一目置いていたとアピールできるところがポイントだろう。

 

 

「せ」の異質さ

 

では「せ」について考えてみたい。

 

「センス」:物事の微妙な味わいを感じとる心の働き。また、それを具体的に表現する能力

 

 

センスをこの定義通り解釈すると、相手にセンス(物事の微妙な味わいを具体的に表現する能力)があるかどうかは、センス(物事の微妙な味わいを感じとる心の働き)のある人間にしか分からないことになる。

 

つまりここには「センスの有無を判断する側は、そのセンスを持っている」という暗黙の理解がある。

 

 

具体的に、センスという言葉の使われ方を考えてみたい。

「ファッションセンスがある」「色彩のセンスがある」「発音のセンスがいい」

どれも「センスがある」人間が発することの多い言葉ではないだろうか。

「センスのない」人間が「センスいいね」と他人を褒めようものなら、「何もわかっていないくせに」と一笑に付されてしまうだろう。

 

「せ」は褒めているものの、相手を持ち上げる「さ」「し」「す」「そ」とは違い、相手を自分と同等程度に見ているのだ。

 

 

なぜ「せ」だけ敬語なのか

 

ここで冒頭の動画に戻りたい。「せ」は「センスいいですね〜!」だ。違和感を抱かなかっただろうか。

さしすせその中で、唯一これだけが敬語である。

 

先ほどまでの議論を踏まえると、なぜ「せ」だけが敬語であるかがお分かりいただけるだろう。

「センスあるね」という褒め方は、相手を持ち上げる力が弱いのだ。

 そのため、敬語を使うことで「センス」という文言を上下関係に組み込み、相手への尊敬の念の表明としているのである。

 

 

余談

 

テレビで「合コンさしすせそ」の 「せ」を当てる問題が出たそうだが、

 

 

 

「セルリアンだぁー!」しか思い浮かばなかったのも、「せ」が相手を持ち上げる構造から逸脱しているせいかもしれない。 

NANAのネックレス

人生がしんどくなると温泉に行く。


大きい風呂は良い。自分のからだをじっと観察する余裕が生まれる。ふだん自分の身を包んでいる「社会性」みたいなものはお湯の中でほどけていき、純粋に動物的な「ヒト」としての自分の身体を眺められるように感じる。


先日も先日とて人生がつらいので一旦ほどけてしまおうと思い、近所の某温泉へ浸かりにいった。


地元の人が主に通うような小さな温泉だし、そもそも昼間だったしで、おばちゃんやおばあちゃんと呼ばれる世代のひとがお客の8割を占めている。


そんなおばちゃんやおばあちゃんのからだをつい盗み見てしまう。


老体というのはとても興味をひかれる。

服を脱いだ彼女たちの身体は私のからだとはまったく別の種類のもののように思える。

例えば切り立った崖から削り取った荒い岩石のかたまりのような。

あるいはどろっとした水飴を上から垂らしたときに地面に溜まるひだひだを、ゼリー状に固めたみたいな。


妙な想像を働かせる罪悪感もありつつ、どうにも目がいってしまう。


その日はしばらく浸かった後、涼みたいと思っていつものように露天のある外へ出た。露天風呂には先客がいた。70代後半と思しき女性がお湯に浸かっている。


その女性は首に金のネックレスをつけていた。


矢沢あいの『NANA』の主人公でブラストのボーカルやってる方のナナが、年をとったらこういう類のアクセサリーをつけるかもしれない。

なのでこのネックレスを「NANAのネックレス」と呼ぶことにした。


NANAのネックレスを見て、この場所、私にとっては「社会性の脱衣される場所」たる温泉という場所において、その女性の「社会的な自己肯定」といったようなものを強く感じたのだった。


うまくやれるか分からないけど、分からないなりに言葉にしてみようと思う。


その女性の身体には少なからず老いが爪痕を残していた。老いは彼女の顔にさざ波のような皺を彫り、剥き出しの鎖骨を過度に強調させ、かつてはふっくらしていたであろう二の腕をしぼませ、残った皮ばかりが腕からぶら下がっている。動物的な身体としては女性は確実に衰退していっていた。


けれどもNANAのネックレスである。ぴかぴかした少し太めの鎖をつないだネックレスは決して高価なものではなかったはずだけども、そのネックレスをつけた彼女のからだを私はきれいだと思った。


それというのはたぶん、NANAのネックレスが、彼女自身が自分のからだを彼女の生き様の表れとして「肯定」していることの印のように思えたからではないだろうか。


この女性は人生の中でたくさんの経験をしてきたはずだ。過去にたくさんの「物語」を紡いできたことだろう。


NANAのネックレスは、裸の彼女の動物的な「老い」を、彼女の生き様(あるいは社会性)へと橋渡しするよすがとなり、私に彼女の老いの「物語」へと目を向けさせ、そのぴかぴかした輝きで老いを讃えていた。


彼女が「肯定的に生きてきた」のか「最終的に生きてきたことを肯定するに至った」のかは、どちらとも言えないけども、どちらも本当にカッコイイことだと思う。強いことだと思う。


私のような人間にもいつか、NANAのネックレス的な人生を肯定する証的な何かしらのモノを持てる日が来るものかしら。

モノがあるというのはとても心強いことだ。

モノは手で触れるので。


そういえば、ここまで書いてきておいてあれだが、私は『NANA』を途中までしか読んでない。


ブラストのボーカルの方のナナは、レンとどうなったのだろう?


例によって、色々と物思いをする風呂だった。

また近々行こうと思う。






なぜサービス残業は横行するのか~社会心理学的見地から~

昨今、ブラック企業に対する世間の目が厳しくなってきました。しかし社会からブラック企業がなくなったという話は聞きません。これは非常に根深い問題であり、解決するにはまだまだ時間がかかりそうです。今回は問題のひとつである時間外労働、いわゆるサービス残業について扱っていきたいと思います。

 

 

なぜサービス残業はなくならないのか

 

なぜサービス残業はなくならないのでしょうか。今回はその問いを、社会心理学的見地から考えていきます。

 

まずは、クイズです。

 

Aさんは喫煙者で、あまり病気になりたくないと思っています。ある日、いつもタバコを吸うときに使っているコンビニの前で「タバコはがんの原因になる」と書かれたポスターを目にしました。Aさんはその後、どうするでしょうか。

 

1.タバコをやめた

2.そのコンビニに行かなくなった

3.「がんになってもいいや」と思った

4.長生きしている喫煙者を思い出し、「タバコはそんなに体に悪くないはず」と思った

 

 

どれもありえそうですね。

 

この1~4の行動の理由をすべて説明できる理論があります。

それがこちら。

 認知的不協和理論(Festinger,1957)

二つの認知の間の不協和は不快であるため、人間はその不協和を低減、回避しようとする。

 

簡単に言うと、人間は自分の態度と行動に矛盾が生じることを嫌う、ということです。

 

先ほどのクイズを思い返してください。

Aさんは「タバコを吸う」という行動をしていました。しかしある日ポスターを見て、タバコに対し「タバコは身体に悪いものである」という態度を覚えます。

また、前提としてAさんは「病気になりたくない」という態度をとっています。

よって態度と行動に矛盾が生じます。

 

Aさんは、この矛盾を解消しようとして振る舞います。

 

その結果、

1.タバコをやめたら、行動を変化させたことになります。

 

2.そのコンビニに行かなくなったなら、認知の矛盾を発生させたポスターとの接触を避ける(=行動を変化させる)ことで、矛盾の発生を回避していると言えます。

 

3.「がんになってもいいや」と思った場合は、「病気になりたくない」という態度を変化させたことになります。

 

4.長生きしている喫煙者を思い出し「タバコはそんなに体に悪くないはず」と思ったなら、「タバコは身体に悪いものである」という態度を変化させたということです。

 

 

 

興味深いのは、これらが無自覚的に行われている点です。

 

たとえばAさんは「タバコはそんなに体に悪くないはず」という態度に至るまでに「なんとかしてこの矛盾を解消しなければならない!」と意識して考えているわけではないのです。

 

 

 

どういうときに態度が変化するのか

 

矛盾が生じたとき、態度変化が起きやすい条件のひとつに「十分な報酬が与えられなかったとき」というのがあります。

 

 

 

こんな実験を紹介しましょう。

 

 

まず、参加者たちに退屈な作業をさせます。その後、「次の参加者に『この作業は楽しかった』と言ってほしい」と依頼します。その依頼を引き受けた場合、20ドル与える、と。

そして「作業は楽しかった」と次の参加者に伝えてもらったら、最後に「この作業は楽しかったか」というアンケートに答えてもらいます。

 

彼らの多くは「作業は楽しくなかった」と答えました。

 

そこで、また別の参加者たちにも同じ作業をさせ、「次の参加者に『作業は楽しかった』と言ってほしい」という依頼をしました。そして今度は、依頼を引き受けた場合は1ドル与える、と、金額を大幅に減らしました。

 

するとどうでしょう。最後のアンケートで「作業は楽しかった」と答える人が増えたのです。(Festinger&Carlsmith, 1959)

 

 

 

前者の参加者たちは「『作業は楽しかった』と言ったのは20ドルもらったからだ、実際は楽しくなかった」と考えました。

一方、後者の参加者たちは「『作業は楽しかった』と言ったが1ドルしかもらっていない。割に合わないのではないか。自分はたった1ドルのために『楽しかった』と嘘をついたのか?」と、自分の行動と態度に矛盾を感じました。この矛盾を解消するために「いや、そうではない、作業は本当は楽しかったのだ、だから自発的に『楽しかった』と言ったのだ」と態度を変更した、と考えられます。

 

つまり人間は、行動に対する報酬が不十分だった場合、自分は自発的にその行動をとったのだと思い込む傾向にあるのです。

 

繰り返しますが、これらは無意識のうちに行われています。

 

 

サービス残業をなくすには 

 

話の先が見えてきましたね。

 

つまり、賃金が支払われないサービス残業は、賃金が支払われないがゆえに、従業員に「自分は残業したいから残業しているのだ」という錯覚を与えているのです。

 

この錯覚によって、本来なら「めちゃくちゃ嫌で今すぐ会社をやめて転職したいくらいの忌避感」が「嫌だけどまぁ仕方ないか」くらいの感情に低減されている、と考えられます。

 

 まず、この仕組みを知ることが重要です。

「自分はもしかしたら認知的不協和理論に踊らされているのではないか?」と、疑ってください。

 

この仕組みに気づいて、全従業員が本気でサービス残業に抵抗する姿勢を見せたら。

あるいは、全社員が本気で転職を考え始めたら。

 

この世界からサービス残業がなくなる日も、近いかもしれません。

全人類よりご挨拶

「作品と作者は切り離して考えろ」という文言があるように、「誰が言ったか」よりも「何を言ったか」のほうが重要な意味を持つ場面は多い。

しかし残念なことに、人間は「誰が言ったか」を重視しがちだ。もちろんそれでも構わないときもあるかもしれないが、発言を「誰が言ったか」で判断すべきでない場合も多々ある。

たとえば、あなたが何かを主張したときに、その主張をあなたの属性と関連させる形で批判されたらどうだろうか。「男/女だからそういう主張になるんだろ」「どうせ学生の言ってることなんて大したことない」など。「そういう話じゃないだろう」と言いたくなるのではないか。

発言者の属性と発言内容のあいだに本来は何の関係もない場合でも、発言内容を発言者の属性に引きつけて考えてしまうのは、良いことだとは思えない。


 

どうすれば「誰が」重視の風潮を避けられるだろうか。そのひとつの方法が匿名化だ。インターネットの海で、仮面を被って振る舞うこと。これで「誰が」発信しているかは見えづらくなる。

 

けれど、同じ場で発信をつづけていると、過去の発言から「誰が」が浮かび上がってくる。Twitterのプロフィールに何も書いていなくても、そのアカウントの発言を遡ると、なんとなく発信者の輪郭が見えてくることがあるだろう。過去の発言のなかに散りばめられた断片的情報が繋がれることで、空に浮かぶ星座のように、発信者の姿が立ち現れるのだ。どのような人物が発言しているのかを受け手に想起させてしまえば、やはり「誰が」重視の風潮に呑まれることになる。

 

それなら、一回限りの発言を繰り返していけばいいのだ、と言われるかもしれない。ツイートするたびにアカウントを変えればいいよ、記事をひとつ書くごとにブログを新しく作ればいいのだよ、と。しかし、聴講者が全くいないところで行われる講演にどのような意義があろうか。たしかに、受け手がいなくても完結する行為もあるが、社会との関係性の中に存在して初めて意味を持つ行為もある。

インターネットの海に微小な砂つぶを投げたとして、はたして誰が見つけてくれるだろうか。ひとつの場で複数回の発信をすることは、受信者に見つけてもらうために有意義なのだ。

 

では、「誰が」をあやふやにするために必要なのは何だろうか。それは、ひとつの仮面を複数の人間で被ることだと考えられる。

AさんとBさんとCさんの人格を統合するのだ。ひとつのアカウントを複数人で共有し、仮面の裏に誰が潜んでいるのか、何人潜んでいるのかさえも分からない状況を作り出すのだ。これで、発信の場を変えることなく、発信者の姿をくらませることが可能となるのではないか。

 

そういうわけでこのサイトは複数人で運営していく。我々のユニット名は”全人類”だ。「誰が」を重視するこの社会の価値観を転覆させようと目論見ながら、積極的に社会と関わっていこうと考えている。当然ながら発信内容は多岐に渡る予定だが、この試みにお付き合いいただけるなら嬉しい限りだ。